one-ope

転勤族シンバママのワンオペ育児

【2歳 幼稚園】親子参加のプレプレ幼稚園 かかった費用や内容、感想は?

f:id:shinbamama-tenkin:20211025135718p:image

 

こんにちは、シンバママです♪

現在2歳の息子シンバ君と、この秋から幼稚園の親子プレプレ教室に参加しています。

年少の2学年下でも参加できるプレプレ教室について、費用や感想をまとめてみました。

プレプレに参加しようか迷っている方の参考に少しでもなったら嬉しいです♪

 

 

 

幼稚園のプレ保育とプレプレ保育

一般的にはプレ幼稚園(プレ保育)と言って年少の1学年下の子どもたちが親子又は1人で幼稚園に通い、日数も週1~5と幼稚園によって違うのが特徴のもの。

なのですが、我が家の周りの地域では年少の2学年下の1.2歳向けのプレがあり、そのことを「プレプレ」というらしいです。

このプレプレがある幼稚園は年少の1学年下から入園できる2歳児クラスや満3歳児クラスがある園が多いのではないかと思います。

 

我が家が参加しているプレプレ保育は、通常の親子プレのクラスに交じって参加する合同クラスとなっていて、更に今未就園児の年少にあたる学年の子も参加しています。

その為、一番下は1歳後半~4歳になりたて位の子まで年齢層が幅広いです。

人数的にはやはり年少の1学年下の子どもたちがほとんどで、15組前後の親子参加で年少の学年は1人のみ、年少の2学年下は5組ほどです。

 

 

内容は?

この年齢幅だと一番下はまだよちよち歩き、かたや1番上はおしゃべりな上級生、という感じで成長段階にかなり差がありますが、内容的には1番人数の多いプレ保育向けの年齢にあった内容です。でも親子参加という事もあり親子で遊ぶことが基本となっているので幼いから出来ないとか上だからつまらないというような内容ではないです。

 

我が家が参加している親子プレ教室は、前半は外遊び、後半は活動プログラムがありその日どんな遊びをするのか書かれているのですが、親子で体を動かすものもあれば制作の日もあります。

参考までにプレ幼稚園のスケジュールを時系列にしてみました。

 

実際の保育内容とスケジュール

10時   親子で登園

     出席手帳にシールを貼る・名札を付ける

     園児に交じって外遊び

10時45分 片づけて手洗い、着替えなど

     プレ保育の教室へ入る 

11時   朝の会で挨拶や手遊び、わらべ歌など

     その日の活動プログラムを行う

     絵本の読み聞かせやペープサートなど

     (おやつ)コロナの為お持ち帰りに変更

11時30分 帰りの会

 

前半は子どもが自由に体を動かすことがメインで、後半は親子の関りを重視した遊び(活動プログラム)の構成になっています。

活動プログラム

活動プログラムとつくと名前は堅苦しいですが、ぬるっとゆるっとふわっとした簡単な親子遊びです。

実際のプログラムの一部をご紹介します。

 

  • 新聞ちぎり
  • マラカス作り
  • 運動会遊び
  • クリスマス会
  • 風船遊び

などなど室内が多いですが、気候の良い秋は外に再度出ることもあれば近くの公園に行ったりすることもありました。

これから寒くなってくるので室内でのプログラムがほとんどですが、体を動かして遊ぶ内容もちらほら。

制作の日は簡単なものしか作らないので、残りの時間はリズム遊びなどやってくれて子どもが飽きないようになっていてさすが幼稚園という感じがします。

 

制作の日は家から材料をもっていかないといけない日もあります。

ペットボトルやキャップ、トイレットペーパーの芯などすぐに用意できるものばかり。

新聞に関してはとっていない家も多いためか、園で用意しますとの記載があり安心しました。

これから幼稚園以降小学生までは上記のもの+空き箱やプリンカップなど廃材集めをしなくてはならなくなりますが、普段からやっていないと結構さらっと捨ててしまいがち!我が家は狭いのでたまったらすぐ捨ててしまう為、少しづつ集める癖をつけなくては。

 

用意するもの・持ち物

プレプレ保育が始まる前に用意してくださいと言われたものは下記のようなものがありました。

 

  • 親子の上履き ×スリッパ
  • 飲み物(水筒)
  • 帽子、着替え、タオル

 

新しく始まるものを揃えるってワクワクしますよね♪

ハリーポッター世代なので余計に連想してしまって新学期はいつも心躍ってしまいます(笑)

 

上履きに関して親のスリッパはダメとのことだったので、しまむらで室内履き用にサンダルを買いました。

軽いので使わなくなったら防災リュックに入れるかベランダで使おうと思っています。

周りのお母さんたちの上履きも様々で、

かかと付きのスリッパの方や軽いランニングシューズの方もいたり多種多様です。

 

子どもの上履きは、ノーマルタイプや新しいサンダルや靴を代用している人もいました。我が家は外靴がアシックスなので揃えてマジックテープタイプの上履きを買いました。

上履き、そして着替えに関してはとっても汚れるのにすぐサイズアウトしてしますのでメルカリ様様です。

 

水筒はコップタイプやストロータイプなど迷った挙句、買い替えるだろうとおもいストロータイプを買いました。

 

でもひとつ問題があって、水筒の蓋が硬くて開けられない・・・

押せば開く簡単なつくりだけど、親指だけに力を入れようとすると蓋に手がかかってしまって開かない。

以前使っていたペットボトルギャップのタイプはカチッとひっかけるタイプで簡単に開け閉め出来ていました。

 

今は親がいるところでしか飲まないからいいのですが、来年までに開けられるようになっていればいいなぁ。

 

 

費用は?

気になる費用ですが、秋口から始まって来年の3月まで週1回。

参加費、教材費、施設費すべて込みで約2万円でした。

1回あたり千円以下と考えると妥当ではないのかなと思います。

園によって金額は様々で、一般的な金額や平均は分からないのですが、我が家的には納得して払っているので高いのか安いのかは分かりません。

週1回遊ぶことだけに2万と思うと高いと思うかもしれませんが、それ以上に得るものがあるなぁ(特に親)と感じています。

 

 

実際に通ってみた感想

率直に参加してよかったなと思っています。本来であれば年少の1学年下で通うところに2学年下から通うという事で、かなり不安はありましたが、同じ学年の子がいた事が大きかったかなと思います。

 

通ってみようと思ったきっかけは、子どもがお兄さんお姉さんと積極的に関わろうとする姿が多くみられるので普段の誰もいない公園よりも環境がよさそうな事、大人とのやり取りが好きだから保育園や幼稚園のような先生の真似をしたり指示を聞いたりする環境で遊ぶことを今提供してあげたいと思ったこと。

初日から3人組のお姉さんの輪に入って行ってしっかり気に入られ最後は5人のお姉さんに交代でお世話されてご満悦なシンバ君。園児向けの大型遊具やジャングルジムも登ってみたい!と普段遊べない遊具にもチャレンジしています。

親子の活動プログラムでも1学年上の子たちと同じように先生の指示を聞いて材料を取りに行ったり、少し上の子の真似をしてみたり刺激的な環境を楽しんでいます。

家に帰ってからも幼稚園で歌った手遊びを覚えていたのか、歌うことはできないけど手振りをやっていたので、ママが歌ってみると楽しそうに手遊びしてびっくり。

手遊びは2.3回目でほとんど覚えているらしく、ママが歌を覚えるのがちょっと追いつかないくらい(笑)

 

おうちでママとべったりもとっても良いことだけど、他者に関心が向いてきたら、こうやって集団の中に入って遊ぶってとても良いことだなと思いました。そして心配になって振り向いたらそこにママがいるという環境の中で、子どもはとても安心してのびのびと遊んでいる気がします。

これが出来るのって親子プレ教室ならではだと思うので、私は参加して本当に良かったと今の段階でもう思っています。

また、毎週1回あるので周りのお母さんとも顔見知りになれて、

人見知りの私的には月1回ある園庭開放は少し緊張というか、終わった後に誰とも話せなかったなぁとか思うこともなくてとっても気が楽です。

上にお子さんがいるお母さんもいるので、園のことを聞けたり出来るので心強い!

願書は何時ごろから並ぶのかとか、面接の服装は皆さんどんな感じ、、、とか。

そして在園児のお母さんたちがいるとその園の雰囲気がわかるので我が家にあった園なのか比較的わかりやすいと思いました。

 

 

終わりに

もしプレプレ保育に行こうか迷っている方がいたら、金額に納得できるのであればいった方が親子ともにリフレッシュ出来ていいのではないかなと思います。

うちの子にはまだ早いとか、不安だからとかいう理由は少しもったいない気もしました。

そして、コロナ渦で子ども同士の関りが減っていて新しい出会いのない我が家のような転勤族にはとても良い機会なのでは!と思います。

インスタグラムの中の世界のようなキラキラした世界で子どもを比較しがちになって焦ったり落ち込んだりすることもあるけど、その地域の子ども達との比較は現実的で気後れすることもなくいい意味での比較が出来ていいですよ♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

www.shinbamama-tenkin.com

 

www.shinbamama-tenkin.com

www.shinbamama-tenkin.com