one-ope

転勤族シンバママのワンオペ育児

【おうち英語】1歳後半までに取り組んだこと

f:id:shinbamama-tenkin:20210915141019p:image

 

現在息子は2歳になったばかり。生後3か月から何となく始めた英語を聞き流しから発展させて、ゆるゆるではありますがおうち英語をしています。2歳になり取り組む内容が少し変わってきたので、1歳代では何をしていたかを記録としてまとめています。

 

前回の記事でも少し触れました。

我が家で取り組んでいることとこれからやってみたいことのリスト。

今回はこのリストを詳しくまとめています。

 

 

 

1.英語CDのかけ流し

f:id:shinbamama-tenkin:20210913134510j:image

かけ流しは生後3か月ごろからママの好きな洋楽やディズニー、ベイビーシャーク等をかけ流してスキンシップを取っていました。

その後1歳になる前にオンライン講座でおうち英語の理念を学び、今までの音楽は少し難しかったのだと分かりました。

それからはマザーグースのお歌を中心に。

1歳からは朝昼晩の食事中にCTP絵本のかけ流しをしています。

 

 

2.CPT絵本の取り組み

f:id:shinbamama-tenkin:20210913134905j:image

上記で書いたCTP絵本、1歳ちょっと前にレベル1-1を購入しました。

詳しくは別記事でまとめようと思っています。

現在はscienceを取り組んでいて、食事中にCDを聞き、絵本は子ども本棚に置いてあります。

CDと同じように歌って読むのがお気に入りです。

 

 

3.英語絵本を楽しむ

f:id:shinbamama-tenkin:20210915150836j:image

CPT絵本よりもずっと前から家にある英語絵本を楽しんでいます。

私が独身時代に一目ぼれで買った絵本を息子が興味を持ったことをきっかけに、有名なエリックカールの絵本を買ったり、図書館で英語絵本を借りてきて読んでいます。

1歳後半までに息子が特にハマったのは、「Brown Bear,Brown Bear,What Do You See?」、「Orange Baer,apple Baer.」など動物が出てくる絵本が好きでした。

 

 

4.DWEの中古DVD

f:id:shinbamama-tenkin:20210913133649j:image

夕方ごはんづくりの間に日によってEテレと交代でプレイアロングの1を見ていました。

途中子どもを高い高いする場面があるので、体重が重くなってくると重労働。そのためCDはたまーにかける程度。ゆるゆるおうち英語なので気楽にやってます。

 

DWEとはディズニー英語システムという有名な教材で、DVDCD絵本のほかにもたくさんの教材があり、すべてそろえると〇十万とTHE庶民の我が家にはとても手が出ないとっても素敵な教材のこと。レベル別にテストがあって進級していく流れなのでやる気もアップして長く継続できる仕組みが整っています。

そんな高額で魅力的な教材、フリマアプリなどで中古品を買うことが出来ます。

我が家では色々吟味して、1番初歩的なプレイアロングという赤ちゃん向けのDVD+玩具を中古で購入してみました。

さっそく親子で見てみるとDVDにかぶりつく息子。色もはっきりとしていて一つの場面も短いのでとても集中して見ています。

 

 

5.分かる単語は語り掛ける

おうち英語を始めた当初は張り切って思いつく限り知っている単語や分かる文法を駆使して語り掛けをしていましたが、これがかなり負担でした。

頭フル回転だし考えている途中で子どもの動きは変化していくので英語が追い付かない。。。なので辞めました(笑)

その後は分かる単語を指さして言うだけにしていました。

色とか動物とかは結構簡単なのですぐに取り入れることが出来ました。

 

 

やってみたいこと

ここからは1歳後半以降に取り組んでみたいと思っていたことをまとめています。

 

 

6.こどもちゃれんじぷちEnglish

お友だちがこどもちゃれんじ(英語ではなく一般的な方)を受講していて、楽しそうだったので検討していたところ英語バージョンがあると知りました。

(他にもお高めな金額のワールドワイドキッズという上記のDWE要素のあるものもあります。)

 

このご時世お友達とも遊び辛く、おうちで2人きりの時間が長いので、こんなものに頼ってしまおうかなと(^-^)

楽しく英語に触れるコンテンツとしては十分だと思ったので、お試ししてから入会を考えました。

2歳になる年の4月から受講できるので夏生まれのシンバくんにも合うのではないかなと考えました。

 

 

7.日曜日のトーマスは英語切り替え

夕方のEテレ時間、おかあさんといっしょなどは言語切り替えが出来ませんが、日曜日にやっているトーマスは英語切り替えが出来るとのこと。

もう少し大きくなって興味が出てみるようになったら、是非英語切り替えでみてみたいなと思っていました。。

 

 

 

8.アマプラのアニメは英語のものを

上記と同じでどうせ見るなら英語のものを。

まだEテレで満足していてちゃんと見ることは無いのでこれからかなと思っていました。

 

9.カード遊びやボードゲーム

これももう少し大きくなったらやってみたいことのひとつ。

家族で簡単な英語でできるボードゲームなどをごはんの後にやるのが近い将来の夢です。

 

 

10.親子で国際交流

これも後何年後になるか分かりませんが、やってみたいことの一つです。

具体的には地域の国際ボランティアや旅行者に話す場面があれば積極的に参加したいと思っています。

日本でも英語を話す必要があるという事を知ってもうきっかけになったら、おうち英語を続けるモチベーションになったらいいなと思います。

 

 

 

まとめ

以上が息子が1歳代で取り組んできたことでした。

我が家では主に英語絵本を中心に、できる限り英語に触れる時間を長くとって親子で楽しむという取り組み方をしています。

このバランスが崩れないようこれからも楽しんでいければと思っています。

 

2歳になっての取り組みも記事にできたら良いなと思っています。

 

 

 

 

www.shinbamama-tenkin.com

www.shinbamama-tenkin.com