one-ope

転勤族シンバママのワンオペ育児

【おうち英語】英語するなら英会話に通うべき?

 

f:id:shinbamama-tenkin:20210812221245p:plain

 

こんにちは♪シンバママです。

  

 

我が家の息子が丁度1歳になる少し前から我が家なりのおうち英語を始めました。

今回はきっかけやゴール、基礎となる本との出会い、我が家で取り組んでいることなどをまとめています。

 

本格的なおうち英語とは言えないくらいゆるゆるな我が家のおうち英語なんですが、ゆるゆるおうち英語にご興味ある方の参考になったら嬉しいです。

 

 

おうち英語を始めるきっかけ

息子が生後3ヵ月くらいからなんとなくやっている英語の聞き流し。

それを発展させておうち英語をやってみようかなという思いが日に日に強くなり

下調べに明け暮れる日々でしたが、 

丁度1歳になる少し前から我が家なりのおうち英語をスタートしました。

 

我が家がゆるゆるではあるものの、本格的におうち英語を始めてみようと思ったきっかけをまとめています。

 

 

 

1 遺伝子が関与?

f:id:shinbamama-tenkin:20210812213257j:plain

 

なぜおうち英語に興味があったかというと

シンバママ、シンバパパ共に外国に興味があり

ママは高校生の時にアメリカでホームステイを経験、パパは大学を留年してまで1年間留学をしたというのが大きなポイントになりました。

遺伝子的にはいずれ海外に興味を持つんじゃないか?ということで、

もしそうなった時には可能性を大いに広げてあげたいと思うようになりました。

 

 

 2 得意科目になってくれたら…

日本に住んでいれば英語なんて話せなくても十分豊かに暮らしていくことは出来ます。

でも近年では小学校で英語は必修科目になるなど、どんどんと身近な存在になってきました。

おうち英語を始めるきっかけは親が外国に興味があるから!でしたが、

もう一つの考え方として、上記のように小学生に上がった時に少しでも勉強が楽になったら、得意科目になれば、、、という思いもあります。

息子は二分脊椎という難病のため、いつ足に障がいが出るか分からないので

全身、特に足を使う運動が得意になるというよりは、勉強だったり歌や手先を使うことに力を注いでほしいなぁという思いもあります。

本人の希望優先なので運動したいと言えばやらせるつもりですが、

主治医から柔道やレスリング、ラグビーなど体が激しくぶつかり合うものは出来ないと言われています。

その方向に行きたい!となってもさせてあげることが出来ず、

変な挫折を味わってほしくないのもあってそれ以外のところに目が行くような働きかけが出来たらいいなという気持ちもあります。

自分の小学生時代を思い出しても、得意科目がひとつでもあるというのは良いことだなと感じます。

 

 

 

 

1番の決め手は

上記の二点は親視点での考えなのですが、息子の様子からもおうち英語を始めようと思いました。

これが我が家でおうち英語を始めてみようと決定ずけたことなのですが、

私が独身時代に可愛いと思い買った英語絵本が大好きな事です。

そして絵本大好きな息子が日英関係なく「読んで」と持ってきてコンコンすること。

(息子は本をコンコンとノックするのが読んでもらいたい時の合図です。)

 

今せっかく日英区別なく楽しめているので、絵本を通して日本語、英語のリズムの違いを楽しんでほしいと思いました。

英語に抵抗なく接することが出来ていれば、小学生の英語の授業でも躓くことなく楽しめるのではないかなと思っています。

 

 

日英関係なく絵本を楽しんでいる息子をみて思うこと

f:id:shinbamama-tenkin:20210812214528j:plain

 

英語絵本から読み取れる、他の国の文化。世の中には色んな人がいて色んな考え方があって良いんだと知ってもらうきっかけになったら良いなと思い、おうち英語を進めていくことにしました。

パパとママが海外に行ったことでお互い共通しているのは、他の文化に触れた事、

世の中には色んな人がいる事、色んな考え方があるということを身をもって体験できたと感じている点です。

学生時代にこの経験が出来たのはとても貴重な経験だと思っていて、閉鎖的な日本にいるだけでは到底感じることのなかった感情だと思います。

 

このワクワクした気持ちを感じてほしい!日本が全てはないこと、世界には色んな文化があって自分の合う文化の場所に住むことも可能だということを知ってほしいと思いました。

それを手っ取り早く幼少期に感じることが出来るのが英語絵本だと思っています。

 日英関係なく楽しんでいる息子だからこそ感じることのできる世界だと思うので、

このまま変わらずにいてくれたら嬉しいな♪

 

英語するなら英会話?

英語に触れる手始めとして英会話に通う方法もあるのですが、

私は中学時代2年間英会話に通いましたが、高校時代にたった1か月ホームステイに行った時の方がボキャブラリーも増えて断然話せるようになりました。

成田空港に帰ってきたとき、飛び交う日本語が聞き取れないほど英語漬けの毎日だったので、スピーキングは少し上達、リスニングはわからないが単語あってもだいたいは理解できるようになっていました。 

あと数か月留学できていたら、スピーキングや自然な言い回しなど身についていたのかな?と少し悔やんでいます。(今はそんなこと言えないほどに英語耳はどこかへ(笑))

 

そのため英会話のようなアウトプットが多い場よりもまずはインプット、そのうえで英会話に通う流れの方がいいなと思いました。

もし本人が英会話に行きたくないといえばその分のお金は払わなくていいわけですし(笑)

 

 

 

素敵な出会い

上記のような考えの我が家での、おうち英語のゴールやこれからやるべきことを明確に決められたのは

最近オンラインで「英語絵本育児」を受講したからです。

私が持っている”英会話に通うのは後々で良い”という価値観とかさなることが多く、

自分の考えのまま進めていいんだと力強く背中を押された気分でした。

 

またバイブルとなる本に出会い、上記で学んだことが確信に変わりました。

いつでも読み返すことで初心に戻ることができるのが本の良いところですね。

 

 

 

 

おうち英語のゴールを考えてみた

素敵な出会いを通して我が家でのおうち英語の最終地点を考えてみました。

f:id:shinbamama-tenkin:20210812212735j:plain

 

我が家のおうち英語のゴールは、

・1人で英語の本が読めるようになること

・英語時間2000時間の達成

 

 

これは親が考えるゴールであって、

本人にそのことは伝えず英語は学ぶものではなく当たり前にあるものと

思ってもらうのが第一優先です。

 

当たり前に英語の本を読むところまで持っていくことが出来れば、

極論、後は息子が欲しいといった英語の小説を買っていけば付きっきりになることなく英語が継続できるかなと思います。

 

英語の本が読めることの役割

パパは留学後も読書家の本領を発揮し小説を読んだりしていたので

語彙力は昔とほぼ変わらず、日常会話は困らない程度。

一方の私は外人とコミュニケーションを取るのが好きだったのでその機会がなくなった今はまったく話せず、、、他人任せの勉強よりも自分ありきの勉強が1番という事を思い知らされました。

やはり本の役割は大きいですね。なので我が家のゴールは自分で英語の本が読めるようになることです。

 

 

 

今やっていること、これからやるべきこと

f:id:shinbamama-tenkin:20210812212657j:plain

 

我が家でやっていることとこれからやるべきことのリストです。

この項目については別記事で詳しく書こうと思っています。

  1. 英語のCDかけ流し
  2. 分かる単語は語り掛ける
  3. 英語絵本を楽しむ
  4. CTP絵本の取り組み
  5. こどもちゃれんじぷちEnglish
  6. DWEの中古DVD
  7. 日曜日のトーマスは英語切り替え
  8. アマプラのアニメは英語のものを 
  9. カード遊びやボードゲーム

 

 

おわりに

おうち英語の記事第一弾はこの辺で終わりにしたいと思います。

我が家のゆるゆるおうち英語の道筋としては、インプット重視で段々とアウトプットしながら文字への興味に持っていけたらいいな。そして自分で本を読めるようになったらいいな。という感じです。

引き続きおうち英語の記事も書いていきますので、ご興味のある方はご覧いただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

次回は実際に我が家で取り組んでいることをまとめていきます。