one-ope

転勤族シンバママのワンオペ育児

1歳児2歳児の1日のタイムスケジュール

f:id:shinbamama-tenkin:20210722220045p:plain

 

とてもとても久しぶりにブログを書いています。

最後にパソコンを触ったのも半年以上前・・・(笑)

パソコンが壊れたタイミングと転勤のタイミングが重なり

コロナの関係で引っ越し時期も二転三転…

昨年から生活するのに手一杯でしたが、

やっとやっと普通の暮らしに戻りました‼

そして新しいパソコをお迎え♬ 

 

この間に、息子がすたすたと歩けるようになり毎日公園に繰り出すように。

今までよりも生活リズムがはっきりしたので、1歳過ぎから2歳現在の生活リズムを

まとめてみました。

 

 

1歳までゆるジーナ式をしていたので、その後の生活リズムも崩れることなく毎日同じ時間で生活出来ています。

 

 

 では早速行ってみよ~♬

 

 

1日のタイムスケジュール

朝7:00        起きる・朝ごはん※夏は6~7時頃、冬は7~8時が多い

            歯磨き、ママの洗濯の手伝い、テレビ

                                 シールドリル(たまに)

9:00~10:00    フラッシュカード後、外遊びへ出発

11:30           帰宅

12:00        お昼ごはん

13:00        お昼寝

15:00        起きる・おやつ

          日によって散歩へ行く

16:00        DVDやテレビタイム(30分から1時間以内)

18:00        夜ごはん

19:30        おふろ

20:00        寝る

 

ざっくりとまとめるとこんな感じです。

●雨の日は基本的には家にいますが、土砂降りじゃなければ長靴+カッパで少しだけ家の前に出て水たまりで遊んでます。帰ってきたらそのままお風呂で水遊びならぬお湯遊び。

●文字に起こしてない隙間時間は絵本、つみき、ブリオ等その日によって多少変わりますが遊んでいる時間です。それかママに引っ付いてます(笑)

●買い物は週に数回、午前中遊んだ帰りにスーパーへ。

 ●3食+おやつの時間はCTPのかけ流しをしています。

 

毎日同じリズムで過ごすメリットとデメリット

遠出することがない今、毎日同じリズムで過ごしていることで

親子共々ストレスを感じることが少ないということが最大のメリットだなと思っています。

息子の体内リズムが一定なので、お腹空いたー!眠いー!外行きたいー!と泣いたりすることはほとんどないです。

私も後何時間でお昼寝だ~休める~!と気持ちの切り替えが出来るので 

精神的に楽だなと感じます。

一方で、出かける時(特に友人と)はランチの時間が前後すると食べなかったりぐずったり、いつものリズムが大幅に崩れると子どもはかなりストレスを感じているように思います。

また、疲れて寝落ちするということもないのでショッピングセンターやテーマパークなどはノリで行動することが出来ず、午前中にどれだけ楽しめるかを計算する必要があります。

2歳近くになってからは周りからの刺激があれば臨機応変に対応していますが、1歳半頃までは親が気を遣うことが多く、月齢の近い子と遊んだり気心の知れた友人と過ごすことが多かったです。

このようにリズムにズレが生じると、子どもが「なんで~!いつもちがーう!」と混乱して、気分転換や遊びに出かけたはずなのに全然楽しめないこともあるというのがデメリットなのかなと思います。

割と親の都合に合わせて動いている子のほうが、移動中眠くなればどこでも寝れたり隙間時間をうまく使えているのかなという印象があって羨ましくなる時もありますが

子どものことを第一に考えた生活をしていることが自分にとって充実した日になるので

もう少し大きくなるまではしょうがないかなと思っています。

きっと下の子が出来たとしたら、一人目とは同じようにできないと思うので、今しかできない一人目育児を存分に楽しんでいきたいです。

 

 

 

 

 まとめ

以上、1歳~2歳の1日のタイムスケジュールと

同じリズムで過ごすことのメリットデメリットをまとめました。

今後タイムスケジュールが変わったタイミングでまた記事に出来たらなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。