生後2ヶ月目前 ジーナ式の恩恵を受け始める

もうすぐ子どもが生まれて2ヶ月が経とうとしています。
まだまだバタバタな毎日ですが、生後3週間頃から始めたジーナ式スケジュールの恩恵を受け始め、朝昼の寝かしつけが少しだけ楽になりつつあります。


※ジーナ式についてはまた記事にしたいと思っていますが、実こどもが起きている時間に夫が相手出来る時間が2.3時間しかないのと、実家も遠方の為ワンオペで育児をしています。
そのためまだまだ自分の時間がなく、なかなかブログに向き合えない日々が続いています。


ジーナ式をやり始めてから1ヶ月ちょっとが経ちました

最近になって急に、
朝寝は布団に置くとかなりの確率で1人でねんね出来るようになりました。30分くらいで起きる事が多いのですが(笑)

その間に自分の身支度をしたり少しウトウトしたり、調子が良い時は朝ごはんの片付け、洗濯、掃除をいつ起きるかヒヤヒヤしながらも行うことが出来るようになりました。


昼寝も、少しずつですが何となく1人で寝れそうな寝れなそうな、、という感じです。
3日ほど前までは30分で起きてまた寝かしつけての繰り返しでしたが、ここ2.3日はおくるみで巻いてあげると2時間くらい続けて寝てくれています。


夜寝はまだまだ

朝昼はうまく寝てくれる事が多いのですが、夜はまだまだ時間がかかりそう。
眠くなるとグズグズで泣き叫ぶ事が多いです。
眠いけど眠れない、という感じで顔はトロンとして眠そうなのに、何かに抗議するように必死に泣いておしゃぶりを要求してきます。
日中ご機嫌な時は私もしょうがないか〜と落ち着いて対応できるのですが、日中もグズグズだった日は疲労困憊です。
どうにか改善できないものか模索中です。



ジーナ式スケジュールの恩恵

ジーナ式を取り入れ始めてから試行錯誤しながらゆるーくですが続けてきて思う事がいくつかあります。

生活リズムが整った

私が1番恩恵を受けていることは、1日の生活リズムが整ってきたこと!

寝る時間や授乳時間、少しずれる事はありますが、毎日同じ時間帯で生活できるのでとってもありがたいです。

元々夜は途中で起きても授乳すると寝る子だったのですが、
日中しっかり遊んで夜は寝るという習慣が崩れていないのはジーナ式のお陰かなと思っています。
2ヶ月以降は昼夜逆転しやすいとのことなので、このままの生活が送れる事を切に願います(T_T)

なぜ泣いているか分かるようになった

もう1つは泣いている理由が分かるようになったこと。
新生児期が終わり生後1ヶ月の期間で泣き方のバリエーションが増えました。
お腹が空いた時と眠い時は泣き方が違います。
でもなかなか見分けがつかないことも。

でもジーナ式をして寝る時間や授乳のタイミングが決まっていることで何で泣いているかも消去法でわかる事がほとんどになりました。

それでも泣いている時は甘えたいんだな、抱っこして欲しいんだなという事が分かるのでイライラする事なく付き合う事が出来ています。


おわりに

もうすぐ生後2ヶ月、セルフねんねや夜通し寝るという事はまだまだ時間がかかりそう。
スケジュール通り行く日も毎日ではないですが、自分たちがより良く暮らしていけるように細く長く続けていきたいと思います。