こんなに準備したのに使わなかった陣痛バッグの中身・・・

実際に持って行った陣痛バッグの紹介です。

入院バッグ編はこちら↓
出産準備 入院バックの中身 - 転妻×妊婦 シンバママの暮らし


出産前は陣痛が怖くて、少しでも痛くなくなると聞いたものを陣痛バッグに入れました。
そしていざ陣痛が来たので、陣痛バッグをもって病院へ・・・

と、ここまでは想定通りだったのですが、
いざ始まった陣痛は初めから5分間隔だった為、
10分間隔から始まると思っていた私は軽くパニック!(◎_◎;)

次の波がもう来る。。。
また来た!

え?早すぎない?

陣痛の波はどんどん来るのにまだ始まったばかりなので
10分間隔で来る痛みや開き具合との事でした。

ってことはこの5分間隔を何十時間もやり過ごさなければいけないのか。と、絶望的でしたが、赤ちゃんが頑張ってくれて病院に着いてから7時間と思ったよりも早く出てきてくれました。

進みが早かったのもありますが、それ以上に使わなさすぎた陣痛バッグの中身をご紹介します。



実際に持って行った陣痛バッグの中身

・メモ帳
・テニスボール×2
・ペットボトルストロー
・ゼリードリンク
・香り石鹸
・化粧落とし
・汗拭きシート
・冷えピタ
・カイロ
・もこもこ靴下
・フェイスタオル
・夫用の食べ物



こんなに!こんなに!準備したのに!


結局使ったのはペットボトルストローのみ・・・


病院に着いてからまだ痛みをやり過ごせるときにペットボトルにストローキャップをさして使いました。


私には合わなかったテニスボール

だんだん痛みが酷くなってくると、お腹よりも腰に激痛が走るように。
助産師さんが一生懸命押してくれてなんとかなんとかやり過ごし、その後痛みがお尻の方に下がってきたのでそろそろテニスボールの出番かな?と思っていたら、
助産師さんがお尻を押してくれるとのこと。

途中からテニスボール持ってきていることを伝えようと思った矢先、お尻を押してもらったら超絶ヤバイ痛みが!

どうやら私はお尻を押されることがダメなタイプの人間だったようです。

とにかくお尻より腰を押してくれと泣いてせがみました笑

なので結局2つも準備したテニスボールの出番はありませんでした。

その他使わなかったものたち

上記でご紹介した陣痛バッグの中身、結局お産が終わってから振り返ると、
ちゃんと役立って使ったものはペットボトルストローのみでした。

メモ帳は病院に着くまでに電話したりしたので、陣痛アプリが使えなかった時にちょこっと時間をメモした程度。
予定では陣痛の時間をギリギリまで記入するつもりでいましたが、初めから5分間隔だった事もあり病院に着いてからはそんな余裕ゼロでした、、、笑

化粧落としや冷やし&温めグッズは室温がちょうどよかったのと、もともと化粧はしていなかったので使う場面はありませんでした。

ゼリードリンクは食後に陣痛が始まったのと、進みが早かったので必要ありませんでした。

香り石鹸は使おうと思ったけど香りなんて嗅いでる暇もなく次の陣痛が来ていたので使う余裕なし。
香りでリラックス出来ると聞いていたけど、香りを嗅ぐことより陣痛の間にどれだけ休めるかの方が私には大事で、香りを嗅ぐ動作をするのも嫌でした。

フェイスタオルは汗を拭くのに用意しましたが、汗かかず、、、笑
手元に出してもらったけどタオル握るよりベッドを掴んでいた方が陣痛をやり過ごせたので、タオルはベッドの上に転がってました。

夫用の食べ物は、夫が仕事だったため病院に着いたのが生まれる1時間半前。
食べる暇もなく生まれました。



おわりに

陣痛に備えて色々準備しましたが、結局ほぼ使わずに終わった陣痛バッグ。
でも、ペットボトルストローは寝ながら水分補給出来るので本当にあって良かったです。

私はたくさん準備したのにほとんど使わなかったですが、こういう場合もあるんだと分かりました。
その時になってみないと分からないことの方が多いので、使わなかったとしてもいざ必要になった時にあった方が良いと思うので、事前準備って大事だなと思いました。


どなたかの参考になれば嬉しいです。



にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村