梅雨時期の部屋干し バスタオルを早く乾かすコツ

全国的に梅雨に入りジメジメとした雨の日が続いています。

そこで困るのが洗濯物。
部屋干しするしかないのですが、すぐ乾かないと生乾きの臭いが気になります。。

特にバスタオルなどの大きなものは乾きにくいし臭いがつきやすいのが難点。

この記事では我が家で実践している、バスタオルなどのタオル類を早く乾かす方法についてまとめています。
ご興味のある方はよろしければご覧ください。

早く乾くバスタオルの部屋干し方法

洗濯物は温度よりも風が大切。

早く乾かすコツはバスタオルやタオル類に限らず、洗濯物全てに言える事ですが、
風が通る空間を作る事です。

中に空洞があるほど風が通るので早く乾きます♪



干し方のポイントは2つ
1.四角く囲むように干す
2.扇風機で風を送る

↑のように、四角く囲むように干すのがポイントです。
フェイスタオルも、縦長に干すのではなく、四角く囲んで干すようにすると空気が入るので早く乾きます。


さらに扇風機の風を当てると2.3時間で乾かすことが出来ます。
扇風機の風は首振りではなく直接当たるようにすると早く乾きます♪



我が家は、梅雨時期に入るとクーラーの除湿を使っているのですが、除湿と扇風機のダブルパンチでカビ臭いにおいが発生する前に乾かしきることが出来ています♪


また、朝方の湿気が少ない時間帯に風が吹いていれば外干しをして、午前中湿度が出てくる前に部屋干しに切り替えたりもしています。





生乾きの臭のタイムリミットは5時間


洗濯物を部屋干しするとカビ臭い生乾きのにおいが発生する事がありますが、乾かす時間を5時間以内にしてあげると発生を抑えることができます。

5時間以内に乾かすには、やはり風を通す事が必要。
ハンガーに二つ折りにかけて乾かす方法だと風が通らず、湿った面がくっついているのでカビや生乾き臭が発生しやすいです。

ハンガーしかない場合は、洗濯バサミを使って二つ折り部分の接地面を減らして乾かすと良いですね♪

また、洗濯機が回り終わってから10分以上放置するとカビの発生が始まるそうなので、
洗濯機が終わったらすぐに取り出して干すとより効果的です。

お風呂で使ったバスタオルも放置せず、すぐに洗わない場合はその都度乾かすとカビも臭いも抑えられます♪

洗濯物は少量がオススメ

早く乾かすためにも、生乾き臭を抑えるためにも、洗濯物はなるべく少量で干すのがオススメです。
たくさん干すと湿度も上がり風が通らないので乾きにくくなります。
梅雨の時期は面倒でもこまめに洗濯機を回して快適な部屋干しを!


バスタオルを使わない工夫も

我が家は、夫婦2人共大きなバスタオルを使っていたのですが、最近バスタオルを買い換えたのですが、夫のタオルをフェイスタオルに変えました。
バスタオルじゃなくても十分ということだったので、フェイスタオルに変えた所、洗濯物もコンパクトになるし、省スペースで干せるのでとっても快適になりました。


バスタオルを極力使わない。という事も部屋干しの季節には効果的だと思います。


私は髪の毛も拭いたりするとやはりバスタオルのサイズが良いのですが、梅雨の時期は出来ればフェイスタオルで済ませたいと思っています。
天気予報を見ながら雨が続くようであればフェイスタオルに変えようと思います。


まとめ

梅雨時期のバスタオルの部屋干しについてまとめてみました。
ポイントは
干し方と風の当て方。
四角く囲むように干す
扇風機の風を直接当てる

たったこれだけの工夫で普通に干すよりも短時間で乾かす事が出来ます。
ジメジメと嫌な季節ですが、少しの工夫で素敵な部屋干しライフを♪





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村