家?職場?シーン別にみる陣痛がきてからの夫の行動まとめ

妊娠8ヶ月に入り、陣痛が来た時に備えて
夫がとる行動を話し合いました。
まだ早いかなとも思いましたが、余裕があるうちに話し合いが出来て良かったと思います。

これから話し合う方へ、これを旦那さんに見せながら話し合うとスムーズかなと思い、記事にしました。
私たちが話し合った事なので、これが絶対と言うことはないのですが、参考にしていただけたら嬉しいです♪

妊娠7ヶ月までにやったこと&話し合ったことリスト - 転妻×妊婦 シンバママの暮らし


話し合った事

夫が出産当日の自分の行動について不安がっていたので流れを細かく確認しました。
夫が家にいる時や仕事中など
色々な場合を想定したので、当日はマニュアル通りに動いてくれればOK!
想定外もあり得ると十分に伝えておいたので柔軟に対応してくれるといいのですが、、、


陣痛がきてからの夫(夫婦)の行動

私の夫は
デスクワークと現場、働く場所がその時によって違うので、家にいる時と職場にいる時(2パターン)の計3パターンを想定して話し合いをしました。


①夫が家にいる時

・病院に連絡


・これから仕事の場合は職場に連絡
・タクシーを呼ぶ
・荷物の確認
・一緒に病院へ
夫に陣痛バックと入院バックを持ってもらう


②夫が職場にいる時

・病院に連絡
・夫に連絡


⑴すぐ帰宅できる場合
(タクシー呼ぶまでに帰れそう)


・荷物の確認
・タクシーを呼ぶ
・一緒に病院へ
夫に陣痛バックと入院バックを持ってもらう

⑵現場ですぐには帰宅できない場合


・荷物の確認
・タクシーを呼ぶ
・病院に向かう
陣痛バックのみ持っていく


・家に帰る
・タクシーで病院に向かう
入院バックを病院に持ってくる


荷物の確認

陣痛バックと入院バック、それぞれの荷物の最終確認をします。
特に母子手帳、保険証など、普段持ち歩いている物は違うカバンに入れたままになっていたりするので要確認が必要。


陣痛時に連絡する人

私は両親が遠方で来られないので、陣痛が始まったという連絡だけします。
実家、義実家が近い方は、
分娩時に来てほしくない場合、きちんと夫から言ってもらう必要があります。

陣痛が始まったけど生まれてからきて欲しい
実母にだけ早めに連絡しておくetc...

実母はいいけど義母はちょっとという方が多いと思います。
妊婦さんが嫌がっているのにもかかわらず
旦那さんが不安のあまり連絡してしまい、案の定義母がきて一生恨んでいるなんてトラブルもあるみたいなので、旦那さんはどんなに自身のお母さんが好きで頼りたくても、妊婦さんファーストで考えてあげてください‼︎


夫の携帯やカメラの充電器を忘れずに

生まれてから写真を撮ろうと思ったら充電がない!なんて事にならないように、夫が持っていく荷物には充電器を入れるという事になりました。
仕事終わりで病院に駆けつけた時、充電がなくても充電器があれば陣痛の間に充電が出来るからです。
プラグに刺すタイプの物を持っていく場合は事前に病院に確認する必要があります。
夫はモバイルバッテリーがあるのでそれを持っていく予定です。
また、ビデオカメラで撮影する方は予備のバッテリーを忘れずに。



"頼れるのは夫だけ"の我が家

陣痛がきたらどうなるか分からないので、
全て夫に任せられるように荷物の中身まで全て説明しました。
もう夫に頼りまくる気満々ですが、当日余裕がなかった場合、自分では何もできなくなると思うので説明して良かったと思っています。
両親も遠方のため、生まれてから実母に数日間お手伝いにきてもらう予定です。

女性なら陣痛中でも気が回るし助かるのですが、なんせ頼れるのは夫だけ。
用意周到で出産に備えようと思います!



夫の心構え

・病院に着いたら夫が率先して受付などして、テキパキと行動する
夫がオロオロしだすと私も精神衛生上よくないので、とにかく夫には男らしくいて欲しいと伝えました。

・怒られないように行動する
これは義兄の体験談なのですが、姉が陣痛中にイライラしないように
事前に女性が陣痛中にして欲しいこと、して欲しくないことを入念に調べて予備知識を入れて当日に臨んだそうです。


具体的には、
頑張れと言わない。
呼吸をリードする。etc...


姉は呼吸ができなくなった時にリードしてくれたからそれは良かった。あとは覚えてない。との事。
でもイライラしたとは言わなかったので、結果オーライです。


夫はこの話を聞いて、私に聞いたり自分なりに調べてくれているようです。
私がして欲しいことは、今のところ飲み物が飲みたい時は"渡す"ではなく"口に持ってきて飲ませて欲しい"ただそれだけ。

ユーチューブを見てたら旦那さんが妊婦さんにはいっ!とキャップを開けた飲み物を渡しただけで、すごく飲みにくそうだったからです。
その為、介護するように扱って欲しいと伝えました。笑


腰をさするとかは当日になってみないと
さすられたいのか、さすられたくないのか
分からないので"当日判断で"と伝えてあります。



まとめ

初めての出産で分からないことも多く、両親も出産当日は来れない為、入念に夫婦で話し合いました。
また一歩出産に向けて、夫婦ともに気持ちが前進したかなと思います。


また出産が近づいてきたら気づくこともあるかと思うので、その時はまた追記しようと思います。